0

奇跡の日!

Posted by admin on 2017年2月8日 in 未分類 |



keiba-7







どんなギャンブラーにも、奇跡の日がある。



それは、人間がいつかは死ぬ日があることぐらい確実。
そのギャンブラーの奇跡の日を描いた傑作アメリカ映画がある。



リチャード・ドレイファス主演の『のるかそるか』。



競馬好きだが、いままでツキがなく、女房にもう絶対、賭けはやらないと誓った男が、
最後の勝負と買った馬券が当たり、そこから「奇跡の日」がはじまるというストーリー。



競馬好きには、夢のような映画だが、
この「奇跡の日」はギャンブラーなら必ず一度は、訪れる。



奇跡とは、どんなものなのか?



ギャンブラーの奇跡とは、もうひとつだけ。
当たりまくること。



徹底的に、完膚なきまで、当たり続ける、やることなすこと、全部、当たること。
もし、そんな日があるわけないだろ・・と思った人。



僕は、あなたがうらやましい。
あなたにはまだ奇跡の日が来ていないのだ。



実は、僕はもう経験してしまった。
過去形なのが、悲しい。



真夏の大井競馬場。
最初は、100倍の万馬券だった。



それだけでもうれしいが、そこからが凄かった。



次のレースを、ゴール前で、友達と見ていた。



本命サイドの2頭が先頭で走ってきたのを見て、
「まあ、こんなもんだな」と思っていた瞬間、
ゴール前で、穴馬が突っ込んできた。それが4万馬券。



それで終われば、奇跡なんて言わない。
次の、そして次のレースでも万馬券を当ててしまったのだ。



ただここからが、肝心。これだけ当てたのに結局、
僕の儲けは家賃1ヶ月分程度。



もし、この奇跡を察知して、
有り金すべてかけ続けていれば、半年分ぐらいの家賃は儲けただろう。








タグ:

コメントを残す

Copyright © 2017 競馬日記!~過去の有馬記念など…~ All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.